On 3rd of February in 2019
Kashimo, Nakatsugawa city in Gifu prefecture
There are many mysterious labels on the entrance door in *Setsubun Day.
*(A day before the beginning of spring)
In Kashimo, there is a historical culture to present day.

 

 

“A charm”

 

Ancient people in Japan believe that devils come to houses after Setsubun Day .
There are many ways for a purification in each place Japan.
Setsubun = Sowing beans
The meanings are to pray for health or to take away from evil happen.

 

An amulet is typical and traditional custom from ancient time in Japan.
You draw a devil face at first, and then 13 points under the face, and a star in the end on a Japanese paper .
The paper called a devil charm.  You put it to the house entrance in Setsubun Day.
Devils have only 3 fingers in each hands and toes. The total numbers are 12 fingers altogether.
They cannot count the number “13” and confused.
They try to count all through the night, but they run away at break of dawn.

 

Resident people in each houses make the devil charm.
Therefore, the devil faces are different as others.
家ごとに違う個性豊かな鬼たちが戸口に貼られている姿は、何だか愛らしさも感じます。

 

現代まで続く加子母の鬼めくりですが、今では地元の子供達が家々を回って、
鬼札を集めるのも恒例となっているそう。
▲アメが付いている鬼札
なんともほっこりする、とても素敵な風習ですよね。

 

その同日、WANOWAの第二弾「加子母ひのきプロジェクト」の中で、
「売上の2%を、加子母ひのきの生産者である加子母森林組合さんにお返しする」ことを約束する調印式が執り行われました。
▲加子母森林組合代表の内木さん(左)と当社代表清水(右)

 

WANOWAは日本の地域産業×香りのものづくりによって、
これまで紡がれてきた日本の地域産業とそこに住む人々の暮らしを、
先の時代へと残していくことを目的としたプロジェクトです。

 

加子母ひのきの特徴とプロジェクトに関する記事は末尾にまとめてありますので、
ぜひご一読ください。

 

加子母の伝統的風習の鬼めくり。
「WANOWA 加子母ひのきハンドクリーム」のパッケージの中には、
この鬼めくりのお札をシールにして、1枚同封しています。
6種類の鬼札の中から、ランダムに1枚。
個性の違う鬼札は、どれもユニークでどこか愛嬌のある顔です。

 

WANOWAを手に取っていただいた皆様に、
加子母ひのきの豊かな香りと、加子母の空気が少しでも伝われば嬉しいです。

・加子母ひのきプロジェクト「加子母ひのきをブランドに」記事一覧≫
・第一弾、国造ゆずプロジェクト「国造ゆず知っていますか」記事一覧≫
・WANOWA専用ホームページ≫

写真:鈴木祥太郎 文章:遠藤愛実